当事務所について

理念

当事務所の理念

ビジョン

関西で一番元気のある、商標及び意匠を強みとする、知財情報発信基地を目指します。

事務所の特徴

  • 商標を専門とする事務所です。

  • 当所は商標専門事務所であるが故に、「商標」について高い専門知識と経験を備えています。判りやすく「医師」を例にあげてみましょう。医師は免許さえあれば治療行為全般が行えますが、実際には、眼科、外科、内科と細かく専門分野が分かれています。知財の世界も同じで、化学の特許に強い事務所、電気の特許に強い事務所、商標に強い事務所…というように、事務所ごとに強みや個性があります。実際、専門外の病状であれば紹介状を携えて他の病院へ移るように、当所にも他の特許事務所から「ややこしい商標案件だから」と紹介された顧客が多く相談にいらっしゃいます。商標で困ったことがあれば、専門家である我々に安心してお任せ下さい。

  • 商標出願は、手続き面だけを見るとそう難しいものではありません。当所では、商標出願をするにあたり、どういう態様の商標とすべきか、指定商品や役務はどう記載すべきか、事案に即した適切な出願前アドバイスと、戦略的な出願の提案、強い商標権を取得する為の対応を行います。

  • 「戦略的な出願」とは…商標権の取得・保持には費用がかかります。何でも出せば良い訳でなく、コストと効果を考えながらもっとも効果的な出願を行っていく必要があります。例えば、使用するのがデザイン化された文字と図形との組み合わせである場合、標準文字で出願するのか、図形部分は別に出願するのか、デザイン化した文字は別途出願するのか、文字自体に”識別力”はあるのか等々、検討すべき事項は多岐にわたります。更に、その商標自体が顧客のブランディングに即したものであるのかという視点も重要となってきます。

  • 「強い商標権」とは…実際に使用されている商標と、登録されている商標の内容が一致していないケースをよく目にします。このような場合、自らの商標権を適切に行使できないばかりか、他者からの権利行使に耐えられないことも多く、何のために商標権を取得したのかという事になりかねません。単に権利を取るのが目標ではなく、商標に蓄積された信用やブランド力を保護するのが目標であり、その為にしっかりした権利、即ち「強い商標権」を取得する必要があります。

  • 当所の特徴として、商標出願手続きのみならず、調査能力の高さ、中間対応や当事者系対応の強さが挙げられます。出願は自社でするものの、登録・使用可能性を事前に知りたい場合や、拒絶理由が来てしまったがどうしても権利化したい、警告を出したいがどうすればよいのか判らない場合等々、お気軽にご相談下さい。「これは無理かな」と思う事案であっても、我々にご相談頂く事で、何らかの糸口が見つかる場合も多々あります。実際、拒絶理由通知を受けてから当所へ中間処理対応をご依頼頂いた事案の勝率(登録に至った率)は9割を超えております。

Category

Popular Posts

Recommend Posts