事務所設立5周年に寄せて【2017. 3】

2017.3.15

知財情報
齊藤 整

事務所設立5周年に寄せて【2017. 3】

こんにちは!齊藤です。

【齊藤特許商標事務所 設立5周年!の巻】
2012年3月12日(月)、高い専門性をもつ商標職人(アーティスト)集団であって、身近で親しみやすく、積極的に情報発信を行っていく事務所を目指して設立した齊藤特許商標事務所は、2017年3月12日(日)をもって5周年を迎えることができました。これもひとえに皆様からのお力添えがあってのことと深く感謝しております。本当にありがとうございます!

専門家や職人というと、「エキスパート」と表現した方がしっくりくる方も多いかと思います。でも、僕達が目指しているのは「アーティスト」的なこだわりや感性、柔軟性を兼ね備えた色とりどりな職人集団であり、ブランドという目に見えない価値を創造し保護をしていく“楽しさ”や“面白さ”などをお客様と共に感じることのできる職人でありたいと、常々願いながら活動しています。

Be an IP Artist, Be an IP Navigator

これからも知財業界におけるアーティスト的職人として皆様をご案内できるよう努めて参ります。引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

【ざっくり振り返ってみよう!5年間の足取りの巻】


【2012年3月、開業!】

11㎡というコンパクトでガランとした部屋。近所の中古家具屋さんで机を調達し、とり急ぎ、出願用のパソコンとネットワーク環境を整え、いつでも出願業務を行えるようにはしておりましたが、本当に何もないゼロからのスタートでした。
男二人(齊藤&川本)だけでスタートした寂しい事務所も、お花があるだけで華やかに感じられたものです。いつまで続くかわからないような弱小事務所であるにもかかわらず、設立当時から暖かく僕達を支えて下さった皆様、本当にありがとうございます!!

設立時の忙しさでヘトヘトになる中、お弁当を開けるとヨメさんからの励ましメッセージが。こうした家族のサポートも大変ありがたいものでした。


【THE 愛妻弁当】

家に帰っても子どもたちは既に寝ている毎日。ある日、家に帰ると机の上にこのような手紙が。子どもたちにも本当に苦労をかけました(現在進行形ですが)。


【娘からの手紙】

おとうさん!
いつもおしごとがんばってるね!
はたしはのゆめはおとうさんのおしごとおやめてほしい。
ことですでもそれはできません。
だからがんばってねかんくんもままもあいるーたちとももみーもおうえんしているよ!!ほんとだよ。うた

皆に支えられつつも迎えた2周年。事務所前のコカルドさんでケーキを購入し、所員一同でささやかにお祝いしました(^^)


2人だけでこっそりとスタートした事務所でしたが、岸本、中山、顧問Y、そして徳永が参入し、3年目の春の時点で6人体制となりました。つい先日のように感じられますが、もう3年も前の出来事になります。


【2014年春、歓迎会】

そして迎えた2015年秋。4人目の弁理士となる服部や事務員の横尾・西田が参画し、現在と同じ9名体制となりました。


【2015年秋、歓迎会】

そうそう、4周年となる2016年の春には、永遠のライバルと勝手に決めつけている、僕と同い年でもある関西弁理士:松井宏記先生から、どでかいピンクの花輪が届く事件も発生しました。

え?今年ですか?!もちろん届きましたよ!我らがヒロキ先生から!

4周年のテーマが「場末のパチンコ屋」だとすると、5周年のテーマはさしずめ「北新地のキャバクラ」といったところでしょうか?一歩事務所のエントランスへ踏み込むと、「★5」を形どった素敵なバルーンフラワーがお出迎えしてくれます♪♪



【北新地の上客さんに誕生日を祝ってもらっている気分】

過去を振り返るのはこれくらいにして、設立6年目となる2017年もしっかりと前を向いて進んでいきたいと思います!!

LINEで共有 Facebookで共有 Twitterで共有 Google plusで共有 Pinterestで共有

関連記事

Category

Popular Posts

Recommend Posts